静岡市議会議員・静岡県議会議員・静岡市長等を歴任。天野進吾公式サイト

天野進吾という男

天野進吾はどんな政治家ですか?

昭和44年の初め、学生時代からの夢でもあった「アメリカ」訪問を決断、たった一人で旅立ったのでした。懐(ふところ)には国が決めた持ち出し許可金額800ドルが1ヶ月の路銀全てでした。言葉の障害は強心臓に任せながらも、可能な限りの出会いを通して「アメリカ」の見聞に務めたのでした。

昭和62年、2期目に挑戦する52歳の市長に、45歳の私は徒手空拳ながら戦いに挑んだのでした。誰もが「無謀な戦い」と制止する言葉を振りはらい、私は確信を以って駒を進めたのでありました。

今、「あの時代は素晴らしかった」と振り返ってくれる市民の言葉が私の財産です。

天野進吾(あまのしんご)プロフィール

天野進吾

静岡市議会議員、静岡県議会議員、静岡市長等歴任。大道芸ワールドカップを始めとして「人の集まる街づくり」を目指し、自由な発想に基づく各種の施策を実現。地域の大いなる発展に市民の皆様と共に全力を尽くし現在に至る。

著書

こうして街はかわった(1995)

小冊子

現在地:トップページ天野進吾という男