静岡県内・県外の政治経済ニュースに一言

天野進吾のコラム

2018年10月

表示件数:

「こども医療費助成」に浜松市長の決断。

 田辺静岡市長にとっては「青天の霹靂」かもしれませんが、一方、浜松市長の「やるなら早く準備をしないと」の決断も十分理解できます。
 今朝の静岡新聞に掲載されているように、浜松市長「やるなら早く」は当然でしょう。しかし、一方、田辺市長の「戸惑い」にも理解できるところです。
 処で両市長の意思疎通がどんなだったかは知りませんが、「事前通知もなく」一方的に「ご破算で願いましては・・」は浜松市長の身勝手な対応、当然のことながら、ここに至るまでには両市、相当に連絡を取りあって、対処してきたことでしょう。
 率直に言って静岡市も、「国の助成制度」を尊重し、早期に高校生への助成を準備すべきであります。

2018/10/31

ほんと!馬鹿々々しい「ハローイン」と思いますが。

 この日曜日、市内中心商店街に久しぶりに家内と出掛けた処、子供たちのハロイン姿に遭遇、その光景は極めて楽しそうに、化粧し、着飾った幼い子供たちの姿に暫し見入っていました。
 処が今朝の新聞では渋谷の情けない成人者の「バカ騒ぎ」の姿が、更には自動販売機に、持っていたペットボトルの水を注ぎ、自販機を使用不能にさせ、これが映像され、人相などから犯人はばれて、損害賠償となる。全く「輸入祝賀」のこのイベントは「バカ騒ぎだけの祭」となった。
 そんな中、テレビの中でカンニング竹山は声高に「日本のハロウインは、ただ仮装して騒ぎ立てる」だけの極めて陳腐なイベント、それを増長させたのは他ならぬメディアだと訴える。
 ご指摘の通り、そろそろ「暴走するハロウィン」を「メディア自身」が真っ先に批判し、反省すべきだと云う。将にその通りです。日本人にとって全く意味の分からない‶唯バカ騒ぎ”のハロウィン、渋谷区も考える時と存じます。

2018/10/30

「高円宮絢子」さんのご結婚をお祝いします。

 30年近くになりますが、高円宮様ご夫妻はこの静岡が好きで、屡々、来静されておりました。
 時に市長だった私は公式にもお話する機会が何度かありましたので、今朝の新聞を見ながら懐かしく思い出した処です。
 正直言って、その頃のご夫妻は大変お酒(日本酒)に強く、來静された際には、決まって常磐町の小さな料理屋さんに、無理云って「9時以降」は暖簾を引いて、ご夫妻だけの「お楽しみ時間」を提供しておりました。勿論、周辺の物陰には中央署の職員が警備しております。
 それから数年後、東京の美術館を訪ねた折、最終日と云う事で沢山の見学者で溢れていましたが、ある一画がガードされ、更に絵画を見学する人々も遠巻きにその一角に見入っていました。
 遠目に見ていた私はそれが「高円宮妃殿下」だと知り、懐かしさを覚えた処でした。処が何とその一団が退場するに際し、私の目の前を通ったのでした。
 その瞬間、私は小声で「静岡です」と頭を下げながら一言、突然のこの言葉に妃殿下は私の顔を見るや「あら!」と口走り、その瞬間、慌てて口を押えたのでした。そんな妃殿下でした。
 「詢子さんのご結婚」おめでとうございます。

 

2018/10/29

広報誌「みなとしみず」が送られてきました。

 今朝、事務所のポストに「清水港湾事務所」から広報誌が入っておりました。
 内容は10月7日に開催された「清水港日の出岸壁改良工事着工式典」の報告でした。
 私にとっては島崎藤村の若菜集の冒頭に書かれた「遂に新しき詩歌の時は来りぬ・・・」の心境であり、これまで主張してきた「日本平のIR構想」が愈々、具現化してくるものとその将来に大いに期待と夢を描かせるものであります。
 ご案内のように、この工事の完成によって、施設の長期利用が可能となるに加え、大型客船が2隻同時に接岸できます。
 「IR」企業の大御所でもある「ゲンティン香港」が本格的に参入することによって、これからの「清水港、日本平」が新たな時代に寄与するところ、計り知れない処であります。

2018/10/28

自縄自縛の安田さん。

 全く人騒がせな、更に国には多大な迷惑をかけた安田純平さん、「やめろ、やめろ」の罵声を背に受けて、内戦下のシリアに出掛け、何すまでもなく、テロリストたちに拘束、つい先ごろ、実に3年4カ月ぶりに開放される処となりました。
 例によって左系新聞は彼を擁護する内容の解説を長々と、その一方、「何故、拘束され、どうして解放されたか」については一言もありません。
 新聞には掲載されてはいませんが、「身代金」無くして彼らテロ集団は「安田さんの解放」はあり得ません。
 3億4千万円という具体的数値が新聞にも掲載されている以上、日本からの「資金援助」は約束されたものでしょう。
 でも、恐ろしいことに、支払われた金額が彼らテロリスト集団には大いなる武器購入資金となるのです。
 健康を取り戻した時、安田さん、まさか「死の淵から」などと云う「講演」で金儲けはしないでしょうね。 

2018/10/27

驚いた「井戸尻遺跡」の歴史。

 何といっても静岡人には「遺跡」といえば「登呂遺跡」、凡そ2000年前の私達の先祖の生活に何の疑問を持たず、また敢えて「深読み」することなく、勝手に私たちは「日本の曙」として誇ってきました。
 処が登呂遺跡より更に3000年もの昔、長野県の山中に築かれたこの「集落の文化」には将に驚きでした。
 この井戸尻遺跡が井川の「割田原」遺跡と深い関りを持っていることは、割田原遺跡の埋蔵物から明らかならば、今一度、本格的に川根筋も含めて調査する必要があるのではないでしょうか。
 昨日の見学から更にその必要性を痛感しました。
 

2018/10/26

明日は長野県の「井戸尻考古館」を訪ねてきます。

 「なに考古館・・・?」貴方の疑問・呟きが聞こえてきます。
「井戸尻遺跡」とは紀元前5000年、将に太古の時代です。静岡市の井川にある「割田原(わんだはら)」遺跡と交流のあった遺跡と考えますが、この度、趣味人が集まってこの辺りの遺跡文化を勉強しようと「井戸尻考古館」を訪ねることにしました。
 実は,紀元後の遺跡登呂遺跡から出土される「埋蔵文化財」より,遥かに進んだ壺や農機具が出土している「井戸尻遺跡」は是非とも見ておきたい「考古館」でした。
 秋の山梨、長野はぼけ老人に近い私達にも、恰好の果物が待っているように思えます。
 日程表には「笹原果樹園」などの記載もあり、胸膨らませて出かけてきます。

2018/10/24

「沢田研二」の人間失格を露呈。

 もともと、私には「芸能人」を揶揄(やゆ)する資格はありませんが、今朝のテレビを見ていれば「沢田研二」がさいたまスーパーアリーナでの公演を、当日になってキャンセル、その理由を9000人収容の会場に聴衆7000人では、面子にかけてもやってられないと云う。
 沢田研二といえば私の若い頃、大変な人気だったが、今でも「さいたまスーパーアリーナ」で開催できる程の人気があるのかと改めて驚きましたが、そんな男が「7000人」ではやれないと豪語できる「芸能界の属性」に驚きました。
 一方、私の大嫌いな「デビ夫人」は「契約がどうであれ、ファンが来ている以上、出るべきでしょう」と苦言を呈したとありました。
 そうです、将にそれが「自身の仕事」ではありませんか。

2018/10/23

「静岡市中央卸市場」の衰退は誠に悲しい。

 一昨日でしたか、静岡新聞の3面記事のトップに「青果取扱」激減とありました。
 新聞によれば、本年度上半期の取扱量が前年度同期比で24・4%の減となっているとあり、さらにその数値たるやこの4年間でおよそ半分の取扱量と激減していることです。
 実際、このままでは、仲卸業者の要望には応えられず、市場は縮小する一方でありましょう。
 これに対し行政は市場の運営方針の基となる「経営展望」を只今策定中という。
 一方、市役所内では「地方市場」のあり方自体を考え直すべきとの声もあり、調整を進めているとその紙面にありましたが、実際は「静岡市自体」の低迷から来ているのではありません。
 最近の呉服町商店街を歩けば「貸店舗」の張り紙があちこちに貼付されておりますし、更に七間町通りでは、華やかかりし「隆盛した時代」を想起できません。
 国の甘味料豊富な「地方創生」の掛け声は少なくとも本市には皆目見えてきませんが・・・。

 
 

2018/10/22

理解できない韓国の「旭日旗」の掲揚拒否。

 過日、韓国で開催された国際観艦式で、海上自衛隊の自衛艦旗「旭日旗」の掲揚を自粛すべきとの通知に、我が国は納得できず、参加を見送りましたが、これについて韓国側は「極めて遺憾」との姿勢で、岩屋防衛省に応酬してきました。
 一方、韓国海軍は何を思ったか、豊臣秀吉の朝鮮出兵時、これに抵抗した「韓国の英雄」を鼓舞する旗を掲揚したという。
 韓国自らが通知に反する旗を掲揚し、他の参加国に対しては「遵守「」を」求める姿勢には、些か隣国として情けない思いを禁じ得ません。
 土台、韓国は「反日」の国ではないはずです、一方、「一衣帯水」ゆえに国民の「フラストレーション」については神経を使うところでしょう、それを解消する「手段」として、大人しい日本にケチをつけること、不満解消の手っ取り早い手法でしょうが・・・。

2018/10/21

ページのトップへ

現在地:トップページ天野進吾のコラム