静岡県内・県外の政治経済ニュースに一言

天野進吾のコラム

2018年07月

表示件数:

時も場所もわきまえず、行動する国会議員。

 西日本豪雨の新聞記事で全国の人々が同情している最中、自民党学校「飲み会」を開いていたとして野党の猛反発を受ける処となりましたが、その起爆剤こそ、出席していた官房副長官・西村康稔議員の「足らざる神経」でした。
 最近、やたらに「ツイッター」ばやりで、この記事も彼のツイッターに投稿したことが始まりでした。
 宴席や会合など自分勝手に投稿し、その結果、他者に、迷惑をおかけすること屡々見受けます。 この西村代議士のツイッターへの投稿などは云うまでもありませんが、他人迷惑の代表的なものでのしょう。
 日頃、コラムを掲載している私が一番神経を使うところは、「他人への迷惑」です。勿論、内容によっては個人の問題であれ、ずばり指摘することはありますが、当然「文責」を以て対処するつもりであります。

2018/07/13

静岡市議会の人口減少対策特別委員会の論争。

 久しぶりに静岡市議会での「辛い」論戦が静岡新聞に掲載されておりました。
 昨日、静岡市議会では「人口減少対策特別会」が開かれ、ここでの論議が今朝の新聞に掲載されておりました。
 率直に言って、この日の論戦は田辺市長の主張する「中部地区での人口維持」、即ち、昨年4月、静岡市の推計人口が70万を割った以降、田辺市長の主張の中に、中部圏5市2町での人口115万の維持が台頭、そのことに議員から厳しい批判があったようです。
 成程、市の人口70万を切った途端、「中部圏115万人」の維持に方向転換されるかとなれば、市議会も容易に納得できないでしょう。
 問題は人口は70万を切り、政令市の中の最低人口乍らも、静岡市は赫々の都市を目指し、歩んでいることを主張して頂きたい。
 井上議長が指摘するように「リーダーシップ」を持って「中部圏のリーダー」たるであることを願います。

2018/07/11

本日が6月議会の最終日です。

 例年、6月議会は予算上にも補正すべき課題はなく、年4回の本会議のなかでは「静かな議会」、今日、その最終日を迎えました。
 勿論、西日本の豪雨の惨状を見るまでもなく、この季節、心配事の絶えない日々ではあります。
 嘗て本市でも半世紀前には「七夕豪雨」の名の大水害に見舞われたことを、この度のテレビ画面を通じ、思い出したところです。
 その後、幸いにも大きな災害に見舞われる事なく、大過なく経過していること、誠に有難い限りです。
 勿論、叫ばれている「大震災」についても長い間、平安無事に過ごすことができております。 つくづく、静岡市は天下泰平の町であることを実感します。
 どうぞ、熱射病になどします。、お体にお気をつけてこの夏をお過ごしください。

2018/07/10

来月の開催の「トランスジャパン・アルプスレース」のコマーシャル。

 隔年に開催される「トランス・ジャパン・アルプス・レース」とは、来月、富山県魚津市をスタート地点として、北アルプス・中央アルプス・南アルプスの3000㍍の連山を縦走する全長415㎞の日本最長NOマラソン競技である。
 2年前には本市の消防職員・望月将悟君が何と「5日間」を切る驚異の記録で大浜海岸にゴール、実に4連覇の偉業を打ち立てたのでした。
 昨年、40代に突入した望月君の体力が果たして5連覇の偉業を打ち立てるか否か、大いに関心ある処ですがどうぞ出場30人の選手に大浜街道で出会ったときにはお声を掛けてくだ最長。
 そこで、トレイルランにかけた望月将悟君の決意と凡そ鉄人には思えない優しい人柄を、貴方の目と耳で知って戴きたく「望月将悟さんの講演会」を下記の通り開催します。
 とき、7月19日、午後6時開場、6時30分開会、8時ごろには終了します。
 会場、もくせい会館(鷹匠3丁目6の1)TEL、245-1595
 参加費、勿論、無料です、但し定員200名(先着順)
 なお、お尋ねあればTEL245-7474にお電話を・・・。

2018/07/08

至る処、大水に泣く七夕です。

 九州から山陰・山陽にかけて、更には岐阜県にまで広範囲に水害の被害が、「オウムの出来事」を忘れさせるようにNHKテレビは早朝から休むことなく放送し続けております。
 処で今日は七夕です。この辺りでは「清水の七夕」が有名ですが、この天気では如何ともしがたい処です。
 処で先程、何気なく読んでいた本の中に「稲妻」について書かれておりました。
 あの雷鳴と同時に光る「稲妻」です。どうして「稲妻」と漢字で表すか、それは稲の「結実」の時期と雷の多発の時と重なり、それ故に雷鳴は稲を実らせると考えたのでした。
 雷の放電は大気から窒素を分離、その窒素は雨と一緒に田んぼに降り、稲の生長を助ける、それ故稲の成長を助けることから、雷を「稲妻」と呼んだのでした。 即ち、稲の妻、稲妻なのです。
 昨今の妻は屡々、小事についても大きな雷を落とします、桑原、くわばら、・・・・

2018/07/07

早々に驚きのニュースが飛び込む。

 夢想もしなかったことですが、今朝、オウム真理教の教祖「麻原彰晃こと松本智津夫」の死刑が執行されました。
 更に関わった死刑囚の執行も同時に行われました。
 本当に上川法務大臣ご苦労さまでした。

 「死刑を執行したら地下鉄サリン事件は永遠に分からなくなる」と強硬に訴えていた「田原総一郎」など偽善者の言い分もここでピリオドですが、正直言って、上川大臣には心から敬意を申し上げます。
 もって日本の法曹界に対する「権威と信頼」に大きな役割をなしたものと考えます。

2018/07/06

タイの洞窟のニュースに心配。

 驚くべきはこの洞窟で行方不明になって9日目に13人の生存が確認され、世界中の誰もがほっとしたニュースでした。
 処がその後の解説で子供たちが休んでいる場所が途轍もない深さで危険な場所と知って些かその後のテレビのニュースを見る事すら怖くなった処です。
 現代の工作機械は我々の想定外の能力を持つ器具があると聞けば、何となく安心もしますが、この洞窟には大量の泥水が溜まっている場所が何か所もあり、出口に到達するには、極めて容易な作業ではないとのことですが、ここは何とか1日でも早い救出に期待するばかりです。
 やはり「慣れ」が最大の敵、私達への「戒め」と云うことでしょうか。
 

2018/07/05

婚約内定の「高円宮家」にお祝いを。

 遥か昔になりますが、市長当時、何故か宮さまご夫妻とは接点がありました。
 最初は芹沢美術館での説明役を、更に半年後には斎藤知事と県政、市政の説明役を仰せつかり、ホテル中島屋の一室で市政の説明役として、ひと時を過ごしました。
 とりわけ、人柄の温かいお二人であった事、今でも鮮明に覚えております。
 その後も邂逅する機会もありましたが、鮮明に覚えている一場面は、都内の百貨店で開催された「絵画展」の折でした
 美術館に入って間もなく警備員に囲まれた一画に気付きました。その真ん中に、久子殿下が説明役と一緒に見学していたのでした。
 暫くして妃殿下が私の目の前を通り過ぎようとした瞬間、何気なく首(こうべ)を下げた私は一言「静岡です」と口走ってしまったのでした。
 その瞬間、久子殿下は振り向きざまに「アラー」と声を上げるや、次の瞬間、口を手で塞ぎ、徐に頭を下げて,次の展示会場に移動していきました。
 もとより、庶民出身の久子さまであれば、本当に人との接触、感触は人々に好かれたようです。 絢子さまの婚約、おめでとうございます。

 

   

2018/07/03

矢張り異常だトランプ大統領。

 トランプ大統領の最近の言動は将に異常としか思えません。殊に北朝鮮との関わりは最悪であり、譬えていえば「個室で独り踊りながら歌ってっている」姿が想像されます。
 「ノーベル賞候補」などと対北朝鮮外交を煽てられて、有頂天になっているのかもしれません。また当然の事、「中間選挙」なども考えている事でしょう、そんなことから、国内には「チョコレート」の大判振る舞いが展開され、その結果、最近では「我田引水」の保護主義的政策ばかりが目立ってくるのです。
 誰もがトランプさんが大統領に当選した時からその危うさに心配していましたが、愈々、その本領が発揮されてきました。日本もsorosoro,正直に「NO」は「NO」で対処していかなければならないでしょう。

2018/07/02

「二ホン」か「ニッポン」か、どっちが本当?

 勿論、二ホンもニッポンも〝日本”を表す言葉ですが、外国人から見れば些か理解し難い処でしょう。
 恰も、ワールドカップロシア大会の真っ只中、応援団の合唱は全て「ニッポンチャチャチャ」であれば外国人から見れば「ニッポン」が正式な呼称と思われるでしょうが、それでは「日本人」はどちらが正式呼称と思っているのでしょう。正直いって戸惑う方学校圧倒的と想像します。
 実は「二ホン」、「ニッポン」の二本立ては何と室町時代からだそうです。
 即ち、「公」の部分が大きいほど「ニッポン」と呼称されるそうです。例えば日本(ニッポン」銀行、日本(ニッポン)放送協会、大日本(ダイニッポン)帝国)などがその代表的な呼称でしたが、最近では、「ニッポン」の呼称は敬遠されてきているようです。それでも、「二ホン、チャチャチャ」ではでは調子が出ませんね。
 以上余談ながら・・・。

2018/07/01

ページのトップへ

現在地:トップページ天野進吾のコラム