静岡県内・県外の政治経済ニュースに一言

天野進吾のコラム

2016年08月

表示件数:

韓国のモノレール、結局廃棄?

2010年には仁川(インチョン)で夢の銀河鉄道が完成、韓国の新時代を飾るものと期待されていました。
 処が試験運行の過程で事故が多発、開通は遅れ、結局、今日に至ったのでした。
 6年の歳月は問題解決の糸口を見ることなく、この度「廃棄処分」と決定、これから「鉄道墓地」に移され、鉄製部分は「屑鉄」として売却、繊維強化プラスチックは廃棄物処理法で始末するという。
 最近の韓国は何か、お隣「中国」のお家芸を真似た「見っともない案件」が多発しております。

2016/08/20

インドネシア政府の勇気に拍手。

報道によればインドネシア政府はこの度、違法操業を続ける中国の漁船58隻を一斉に沈没させたとの事です。
 最近、インドネシア周辺では違法な操業が繰り返されており、業を煮やしたスシ海洋水産省長官は(魚を違法に採ればどこの船でも容赦はしない)と強調したものの、この言葉は勿論中国の海洋進出を牽制したものである。
 我儘勝手な中国政府の行動に対しては我が国もまた周辺国と手を携えて敢然として共闘すべきものと考えます。

2016/08/19

8月15日のコラム以来、ご無沙汰してきました。

遂、2時間前に県立総合病院を退院して事務所におります。
 タイトルに記載したように、15日は朝から体調不十分、でも休むことは考えず、事務所にでてあんなコラムを書き残し、2階にある自分の寝室で再度、体を休めるべくベッドに、ぶっ倒れたまま2時間ほど過ぎる。処が休むうち、愈々、体調の不良、頂点に至ったと気付き、起き上がろうとしたものの、全身の力はすっかり抜け、立ち上がれない。息子と孫が何とか一階へと手を尽くし、格闘の結果一応の目的は達したものの、つぎの手段が思いつかない。「何故かみっともないが思いつつ、遂に救急車の出動を拝する処となり、結果、県立総合病院に入院、先ほど記載したように退院してきました。
 恐らく、歳を忘れての「張り切り」が主たる原因とは思いますが。やっぱり年相応、分相応を充分知って、行動すべきと今は反省しております。

2016/08/18

何だろう、この体調の悪さは。

 確かにトランスジャパン・アルプスレースのお祭りで日頃、運動不足の私が大浜海岸の砂地を行ったり来たり、思わざる体力を使ったために起きた「疲労」だったのでしょう。
 それにしても、昨晩は将に「疲労困憊」の頂点に達し、真夜中、独り二階から降りてソファに雪崩れ込んで暫し、お休み、その後も疲労感は払拭しないものの、爆睡の結果、少し元気になりました。
 思えば、間もなく4分の3世紀を生きる事になるのですから、突然の体調の変化も致し方ないとこです。
 半世紀の間、運動は専ら「選挙運動」と自認してきた私の「付け」でしょうが、期待してくれる方もいますので頑張ってまいります。

2016/08/15

将に政治的未熟児としか表現できません。

新聞には8月15日に、韓国の与野党国会議員数名が「竹島」の上陸を企画している旨報道されています。
 勿論、目的は「竹島は俺らのもの」の主張を天下に認めさせ、もって来るべき総選挙への売名行為であり、デモンストレーションでしょう正直云って「やることなすこと」呆れる程に小児的と云わざるを得ません。
 そんな中、昨日のYahoo!では、例の慰安婦財団の金免玄理事長も国民に脅かされたのか錯乱したか、例の10億円の拠出について急遽、「賠償」と勝手に説明したという。
 どうだろう、今からでも遅くない、「10億円」の趣旨が全く異なる支払いなら速やかに財団への拠出は中止すべきだろうと私は考えます。
 韓国もそろそろ大人の政治的感覚を以て、「世界」の体制を考えていただきたいと希望します。

2016/08/14

最低の大統領選挙に変貌―トランプの切り間違い

学校のクラス委員を選ぶ選挙から、衆院選挙、更には国連事務総長の選出選挙など各種の選挙はありますが、正直云って「世界」にその影響を齎(もたら)す選挙は現在進行中のアメリカ大統領選挙につきるでしょう。
 そのアメリカ大統領選挙の権威を一気に崩壊した男こそドナルド・トランプ氏でしょう。そのトランプ氏に、今なお多くの支持者が存在する事、「民主主義」を標榜し、誇るアメリカとはどの様に考えても理解できない処です。
 民主・共和の戦いが「民主・狂派」の争いに転じ、この冬、一方的に民主党のヒラリー・クリントンの勝利に繋がることでしょう。
 その選挙の導火線は何となく、小池都知事の選挙経過に似てきました。
      

2016/08/13

望月将悟君がやりました。

過日このコラムを連続して休みとした原因はもとより、トランスジャパン・アルプスレースに関わる富山県魚津市への旅でした。
 今回が第8回の大会ですが、第5回大会より連続して優勝してきた本市の消防職員・望月将悟君への健闘と大会実行委員の皆様への挨拶を兼ねたものでした。
 そして、昨晩の12時8分前だったでしょう、彼は大浜海岸にゴールしました。
 幸い、籠上街道から大浜街道の沿道には多くの市民がその雄姿を見るために、声援を送るために街頭に出てくれました。ありがとう。
 見れば、まさかと思う程の優しい静岡人ですが望月君は本市の確実な「星」です。
 ご声援ありがとう!

2016/08/12

浅薄な小池知事支持派の議院グループ。

今朝のテレビニュースで小池知事を支持した都議や区議が中心となって「新党」を立ち上げるべく、知事に提案している旨の報道があった。
 将に子供じみた動きと私には思えます。「自分達の百合子」という「小児的支援団体」と誰の目にも映る処でしょう。
 嘗て私も市長を経験する中で、根本的な間違いは「市長と議会」は車の両輪といういい加減な哲学を構築した知者の言葉でありました。
 顧みて、私が市長在任中、しばしば、その行政課題に与党であった自民党との間で意見の一致を見られぬなか、自身の道を妥協することなく遂行してきました。
 多数者であれ、少数者であれ、その場しのぎの「妥協」は決して都民の為にはなりません。
 来年の都議選を考慮して「新党」を設立しようとする動きに対しも、小池知事は自身の信念で政策の推進を図り、選挙の際に応援してくれた議員には「その時はありがとう」、しかしこれからは「共に明日を」との冷たい姿勢も必要かと存じます。
 「新党」であれ、政策グループであれ、都知事には無用の組織、存分に自身の思う処を実行していけばいいのではないでしょうか。

2016/08/11

最近の北朝鮮と中国の怪しき付き合い。

中国政府の北朝鮮に対する姿勢は、以前、このコラムでも掲載しましたが、極めて如何わしいものと思われます。
 ご案内のように、北朝鮮のミサイル発射実験に対しては、「子供の躾(しつけ)程度」のコメントしか出さず、逆に韓国の「防衛」については「我田引水」の諺のままに、これを非難、その姿は明らかに、北朝鮮を自分の支配下に置き、アメリカに通ずる「韓国」を恫喝している様に思えるのです。
 やはり、北朝鮮のミサイル実験は中国の指導の下に行われていると考えても間違いとも云えなくないのではないでしょうか。或は全ての「ミサイル機具」は中国より提供され、中国の実験として存在していると考えるのはただの「右翼的」考察でしょうか。

2016/08/10

「天皇陛下の心中」を察して早速の対処方を。

「生前退位」に思いを強くする天皇陛下の御言葉に、万感の思いと共に早急な対応を求めたいと感じたところです。
 率直に云って諸外国との親善友好を思う時、陛下の存在が屡々、誰にも勝る好感度をその国の人々に残してきました。
 「象徴」天皇の存在は単に国民の精神的支えだけでなく、戦後日本国の最高の「方便」でした。この事によって内治外交に様々な平安を齎(もたら)したと私は思っています。
 天皇陛下の心配に内閣は早急に善後策の検討に着手して頂きたいと存じます。

2016/08/09

ページのトップへ

現在地:トップページ天野進吾のコラム