静岡県内・県外の政治経済ニュースに一言

天野進吾のコラム

2016年05月

表示件数:

5月6日の朝鮮労働党大会に向けて「金正恩の憂鬱」

この処の北朝鮮のミサイル実験に誰もが心配しいた処、4月28日の「ムスダン」の発射実験が直後に爆発するという大失敗によって、世界は確実に北朝鮮の実力を知ってしまいました。
 更には、北朝鮮が公開した写真から、燃料も「固体燃料」であった事が判明、北朝鮮の技術力の程度を知ると共に、その未熟さを天下に露呈したのでした。
 さて、間もなく開催される「朝鮮労働党大会」に、今回の失敗がどう反映、「金正恩」はどう結末を取るのでしょう。注目に値する処です。
 さて、序でに記載しておきますが、日本全土を射程に収める「ノドン」の速度は、音速の3・5倍、これに対し大陸間弾道ミサイルは何と音速の20倍、更に再突入時には6000~7000度の高温にさらされるとのこと、誠に驚きです。
 「幕」の後ろにいて、技術協力してきた中国政府も、近年の北朝鮮の身勝手さに「ほとほと」手を焼いております。「ソ連」も同様でしょう。

2016/05/01

ページのトップへ

現在地:トップページ天野進吾のコラム