静岡県内・県外の政治経済ニュースに一言

天野進吾のコラム

2015年01月

表示件数:

矢張りそうだったか、「人質売買」の実態

 幸い、「金銭による解決手段」を無視した安倍内閣の今回の選択は正しかったものと、事件の途中ながら、私は理解します。
 今朝の産経新聞に「日本人記者を誘拐せよ」の特集が組まれていますが、「人間の命は地球より重い」などと戯(たわ)けたことを正義と考える優しい日本人は「イスラム国」にとっては最高の栄養源となるでしょう。
 それゆえ、日本人を標的とした誘拐、人身売買は今後、さらに続くものと考えます。
 そのためには、フリージャーナリストを経由する情報の入手は報道各社は自粛してもらわねばなりません。そのうちに「イスラム」と通じた「偽人質」が「金持ち日本」の優しさを狙って流行(はや)るかもしれません。
 徒に、「優しさ」ばかりを強調していれば、更に被害は増高するものと考えます。 

2015/01/31

政治家の暴言・・・。

 例の「イスラム国」事件に絡んで、「駆け出しと老練」の悲しき暴言が世間の批判に晒されています。
 一人は日本共産党新人の「池内沙織衆院議員」、一方は「老練というよりカビの生えた」小沢一郎氏です。ただ小沢氏の場合には「またか」の冷ややかな形容が続きますが。
 まず、池内代議士の場合はツイッター上で「国の内外で命を軽んじ続ける安倍政権」と意味不明な意見の開陳を展開したのでした。
 当然のことながら、これを知った志位委員長、慌てて「不適切な行為」としてこれを抹消したところでした。
 一方、もっと悲しい男の言葉が、しかも、NHKの番組の中で放言されたのでした。
 「ご存じ」と言っても最近では、賞味期限をとっくに過ぎたあの「小沢一郎氏」の言葉です。
 曰く、「安倍さんがあっち(中東)に行き、宣戦布告とも云える話をした。日本も敵と捉えられてもしょうがない」
 これでは前者の小学生的政治批判と変わらないのではないでしょうか。

2015/01/30

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」、白鵬に教えてほしい

 この初場所の13日目、稀勢の里との「一番」を見ていた私も二人が土俵の外に落ちた瞬間「同体」と判断しました。結果は審判部からの「物言い」がつき、協議の結果、「取り直し」と決まったのでした。
 その一連の流れに私もまた、何の疑問も抱かなかった。
 取り直し後、白鵬が勝って優勝が決定しました。
 処が、翌日の新聞に白鵬の不満が大きく報じられていました。
 「子供が見ても判る。ビデオ判定の方も元お相撲さんでしょう。こんな事二度とないようにしてもらいたい」のこの暴言が大きく取り上げられ、これに対し激しい批判が白鵬に集中していました。
 一言で云えば、大横綱と仰がれその結果、「有頂天」の極に至ったのでありますが、古来、日本ではそれを諫める格言として「タイトル」の諺が用意されておりますので今一度反芻していただければと考えます。

2015/01/29

悲しき野党の彷徨(ほうこう)。

 昨日始まった代表質問、その1番バッターの民主党の前原氏が早々に「恥かき質問」に終始した、と今朝の新聞にありました。
 先の衆院選での投票率が低迷した原因は率直に言って、野党の不甲斐なさの証明です。
 若し「与野党、拮抗」との予測がなりたっていれば、前回以上に、投票率は上がったと私は考えます。それほどに民主党だけでなく、その他の政党の離合集散に国民の期待は雲散霧消していったのです。低投票率の原因は「鏡」をみれば判るでしょう。
 序にいえば、悲しくも「小沢一郎」氏、この度もまた「惨めな姿」を晒しております。なんですか最低5人の政党要件を満たすために、「最悪」と思われる山本太郎を引っ張り出し、「生活の党と山本太郎と仲間たち」という漫画チックな政党名で抱き込んだと思っていたら、今度は「一郎・太郎」に変更し、二人が共同代表になるという。バカバカしいにも程がある、と云わざるを得ません。
 さて、民主党も政権政党だった時代もあるのですから、重要な舞台にあっては、慎重に、そして泥濘(ぬかり)なきよう演技して頂きたいものです。

2015/01/28

これが新聞記事になるのか?

 今朝、パソコンを前にして不図(ふと)見れば、何時頃の新聞記事でしょうか、机の片隅から「自然災害」を警鐘する新聞記事のスクラップを見つけ、適当に拾い読みをしていました。そんな中に15センチほどにカットした「火山噴火の被害」を記した切り抜きが出てきました。
 生憎(あいにく)、日付も新聞名も記載なしですからご了承ください。その切り抜きのタイトルが「巨大噴火、100年以内に1%」更に「最悪なら日本の総人口分死亡」とありました。
 近年、知名度を上げるため、屡々(しばしば)、突拍子もない数値をもって、新聞などマスコミにデビューする学者が多いようです。勿論、知名度が上がれば、当然、講師料も跳ね上がるでしょうから、悪戯に誇張した情報を提供する傾向が見えます。
 この新聞記事も同様でしょう。「100年以内に1%」の確率、即ち1万年に一度の災害を更に輪をかけて次のように記事は語っています。
 2万8千年前に九州南部で発生した「姶良(あいら)カルデラ噴火」の場合を重ねると、2時間以内に火砕流で九州の700万人が死亡と記載されております。このように途轍もない記事だからこそ新聞に取り上げてもらったでしょうが、一体、いつまで「オオカミがくる」のでしょうか。

2015/01/27

人命救助と云うならば・・・。

 昨日のヤフーの記事の片隅に次のような事件が報じられていました。
 インド東部で20代前半の日本人女性が監禁され、集団暴行された事件で、東部コルカタの警察は新たに容疑者一人をを逮捕し、逮捕者は都合6人となったと掲載されていました。
 日本語を話す容疑者に騙され、聖地ブッダガヤに連れていかれ、12月下旬まで監禁・暴行が繰り返され、更にATMで14万円を引き出されたとういう。
 勿論、被害者がどんな方かは記載されておりませんから判りませんが、一切の新聞記事もなく、闇に葬られている事件に比べ、イスラムの事件では「一言の反省」もなく、その上「アベ、あなたがハルナを殺した」と放言、新聞に掻き立て「救出される事」は当然として息巻くその神経に、私もまた、今では怒り心頭に達しております。
 あなたは最初から極限状況を脳裡に描いた上に、家族や周囲の方々の反対の声を無視して日本を出発したのではありませんか。「生まれたばかりの子供の顔」も見ることなく・・・。
 更には、貴方が”属している組織”を覆い隠したまま、自分勝手な主張を続ける「貴方」に何故か、日本の報道陣は翻弄されているのです。
 せめて、日本人のための「報道」ならば、インドにおける卑劣極まりない犯罪を調査し、これからのインド旅行に警鐘を鳴らすことの方が重要な仕事ではありませんか。

2015/01/26

「一般質問」の原稿作成に時間がとられる。

 恐らく、県議会本会議での一般質問(本会議場の演壇で規定された時間内での質問のこと)は年間に僅かに1度だけです。全議員68名に一般質問の時間を振り分けると4年間に一度になってしまいますが、本会議場での質問は傍聴者もいる中、更には中継される事から、意外に誰もが真剣に推敲して参ります。
 最長老に属する私であれば、いい加減な質問はできません。ですからひと月前から、何をテーマにと資料を繙(ひもと)いて取捨選択していますが、正直、頭の痛いところです。
 殊に本年度は4月に県議選を控える身、喩え無競争とも云える波風のない選挙戦であれ、準備は怠りなく進めなくてはなりません。
 そんなところから、質問項目を何処に求めようかと日曜の朝、頭を痛めております。

2015/01/25

キューバの現実に思う。

 突然、「キューバとは・・・」とは奇異に思われるでしょう。
 実は今朝の「Yahoo」の記事の中に最近の「キューバ」についての紹介がありました。
 思えばその昔、私は「ハバナ」というタイトルの映画が気に入り、買ってきた「ビデオ」を何十回も繰り返し見、何時しか配役(ロバート・レッドホード)の次の言葉を諳(そら)んじる程になってしまいました。
 その映画は「キューバ革命」前日をテーマとしたもので、大変な力作と私は評価しておりました。
 1962年にキューバ革命は成就し、その後長い間、閉ざされてきた国家でしたが、10数年前になるでしょう、民放で「今日のキューバ」を紹介するテレビ番組を見て、平和にして、豊かな「カストロ政治」に拍手を送ったものでした。「医療費」「教育費」はもとより無料、街中は整備され、人々は笑顔を絶やすことなく生活しているその姿には一抹の「疑問」を覚えましたが、同時にささやかな安堵感を覚えたのでした。
 処が、今朝のヤフーの記事によれば、労働者の75%が公務員、その平均月給は20ドル、将に困窮社会そのものではありませんか。例えばキューバといえば砂糖についても、90年の840万トンから14年は160万トンに、またハバナ沖の海底油田の開発もままならずにあるという。
 社会主義か、共産主義か判りませんが、いずれにせよ革命後のキューバ国民は決して幸せではなかったことを知ったのでした。

2015/01/24

『身代金』のタイムリミットは目前に。

 今朝の静岡新聞には、フリージャーナリストの後藤氏らの救命を願う人々の声だけが掲載されています。処が救済を求める人々の声のすべては「後藤氏」にのみあって、もう一人の拘束された「湯川」氏は問題外として、紙面からも放擲されているのでした。
 勿論、湯川氏の関係者として紙面に登場すれば「同類項」と見做されるでしょうから、誰一人として「同情の言葉」はありません。このことからも「人道的見地に立って」の「拘束からの解放」ではなく「ある種の組織」の動きと云っても過言ではないでしょう。
 調べてみれば「後藤氏」はジャーナリストの名を使った「反体制」組織に所属する男で、常識的写真家、ジャーナリストとは程遠い人間と言えるでしょう。
 そうであれば、おそらく常識的日本人の多くは「2億ドル」もの身代金提供には同調しないと考えます。
 敢えて、言わせて頂くなら「後藤氏の行動」そのものに「反省を求める言葉」があってしかるべきと私は考えます。
 「火中の栗」を求めて、失敗したときには「お助け」では国家という組織は成立しません。

2015/01/23

『テロに屈するな』という世界の大前提がある。

 この前提で二人の処置を考えなくてはならない。
 まして、一人は「武器の商人」、もう一人は「ジャーナリスト」の名で危険地帯を飛び回っていた報道人。共に我が国にとっては甚だ迷惑なお二人です。
 政府が「イラク」や「レバノン」に2億ドル援助したのは他ならぬ、イスラムスンニ派の組織対策のための支出であれば、如何にお人よしの日本政府であれ、この度の「恫喝」に応ずることはないでしょう。
 それにしても、共同通信は手早く、宮城県ユニセフ協会の事務局長を引き出し、「一日も早く解放を」と今朝の静岡新聞に掲載されています。その記事の裏には「譬え2億ドルでも・・・」の解決方法を正当化したものと考えます。
 指摘されているようにこの画像は明らかに「合成」、72時間の執行猶予は脅しとみるべきであり、二人には「自身の選択」の結果であれば、責任を取って貰うべきでしょう。

2015/01/21

ページのトップへ

現在地:トップページ天野進吾のコラム