静岡県内・県外の政治経済ニュースに一言

天野進吾のコラム

2011年04月

表示件数:

菅内閣こそ「レベル7」

 突然、それまでの「レベル5」が「レベル7」に引き上げられ、殆んどの国民は呆気にとられた事でしょう。一体、菅内閣の対外的批判を恐れて実態をマル秘にしてきたのか、放射性物質の放出量の試算に誤りがあって「レベル5」と提示してきたのか、まさかとは思うが地方選挙を慮ってこれを伏せてきたのか、更には「レベル5」から「レベル6」を飛び越えてチェルノブイリ並の「レベル7」に位置付けたのは何故だろうか、しかも、如何なる危険信号が送られても如何ともし難い国民には只々、不安と失望を煽るのみであります。
 しかし、国民は迷いなく菅内閣には「レベル7」の評価を与えることに躊躇しないでしょう。
 序に云うと、今朝のテレビの中でも或る村を指して「最早人間の住む場所ではない」と云った、云わないが画面にあったが、本当に困ったものです。
 今は総選挙の出来る時ではありません、更に「大連立」も云うは易くして、実行は困難でしょう。さて、どうしたものでしょうか。

2011/04/14

事前相談なく、「副知事3人制」に早朝から電話が・・

 昨日の川勝知事の記者会見のあと、県の担当者から「副知事の3人制」について報告があった。事前に全く存知ない内容(勿論、昨日までは選挙の渦中)でしたので、早朝からかかってくる同僚議員からの苦情に近い電話に苦慮するばかりでした。
 実は昨日の夕方、知事から「会いたい」との電話がありましたので、午前中に私が「知事公室」に伺うと一方的に申し入れておきました。
 ご存知のように川勝知事は極めて単刀直入にものを云い、更には周囲に相談する事なく、一方的に決定する性格、それは行政の活性化への術ではありますが、一面、極めて不安定な政治土壌を作ります。
 間もなく川勝知事の任期も半ばとなります。時に「脚下照顧」しながら長期展望も必要かと存じますが。

2011/04/12

お陰様でトップ当選致しました。

 昨日の開票結果は お陰様で4期連続のトップ当選を果たすところとなりました。本当に有難い事です。正直云って私の場合、知名度に怠け、準備については真に怠慢、ただ、後援会の皆さまのご尽力に全て頼っている有様でした。それでも期間中の私の選挙車への反応は大変有難った、只々、感謝するのみです。これからも積極的にこのホームページに折々の思い、意見を書いて参りますのでお付き合い下さい。
 さて、昨日のホームページの中で、午後8時時点の訪問者数を記入しましたが、驚く事に昨日は、ページビユーが808件、訪問者数は387人とこれまでの最高を記録しました。恐らく県議選の結果を知りたい方がパソコンを操作した結果でしょう。有難うございました。
 本日午後2時より当選証書の交付式が行われます。

2011/04/11

漸く選挙戦が終わりました。結果は今夜です。

 「長期休暇」の間に菅内閣の運命は予想外の展開となりました。太平洋沖地震の夢想だにしない災害に国じゅうがテンワヤンワしている間に、何時しか違法政治献金は返還、更には低迷していた内閣支持率すら上昇、菅総理には将に「命拾い」激甚災害でした。
 菅内閣には他にも面倒な「足枷」の課題は幾つかありましたが、これらも何時しか忘れられ、今は5月下旬予定のフランスでの「サミット」出席に逡巡していることでしょう。
 さて、当欄は10日余りのお休みでしたが、この間、不投稿を承知の上で私のホームページへ訪問される方の実態を知るために、私自身が毎朝調べて参りました。
 実は3月29日に「選挙の終了まではお休みます」と掲載した以上、以後のアクセスは激減するだろうと想定しておりましたが、意外にも、例えば今現在(午後8時)でもページビュ―が568件、訪問者数が290件と表示されており、私自身、思わざる読者の数に驚いております。 このことから私の原稿を熱心か否かを別に数千人の方々が折にふれてアクセスして頂いている証拠と理解し、喜んでいるところであります。
 これからも乱文、毒舌かもしれませんがお付き合いください。

2011/04/10

ページのトップへ

現在地:トップページ天野進吾のコラム