静岡県内・県外の政治経済ニュースに一言

天野進吾のコラム

2010年12月

表示件数:

李明博韓国大統領の姿勢に好感

 北朝鮮の蛮行に、即刻「応分の対価」を求めると大上段に構えた李明博大統領の姿勢に土俵外ではありますが拍手を送ります。
 云われるように「これ以上の忍耐と寛容はより大きな挑発を誘発するだけ」だと私も思います。それと同時に今、菅内閣が極めて低い支持率に捨て置かれているのはこの毅然たる姿勢の差であると信じます。尖閣列島の衝突事件をひた隠し、中国首脳にその恩を貸そうとする浅薄な行動は決して国民を騙せるものではありません。
 中国も或る意味、北朝鮮と同類項に属します、その項目は「ずるい」。本日は以上です。
 

2010/12/01

ページのトップへ

現在地:トップページ天野進吾のコラム