静岡県内・県外の政治経済ニュースに一言

天野進吾のコラム

2010年06月

表示件数:

朝令暮改・・・遂に辞意表明

 まさか2時間前に送った草稿と全く異なる内容のホームページを打つ私の立場は誠に複雑です。
 今朝の新聞では『「続投ですか」に親指を立てて笑顔の鳩山首相』とあるように、少なくとも昨夜までは「辞める」意思は全く無かったはずです。どのような心境の変化があっただろうか誰にも理解できないとこです。
 思えば、これまで沖縄普天間問題を初め鳩山総理の朝令暮改は今に始まったばかりではない。一体どんな思考回路を持つ人間だろうか。
 処で、小沢幹事長の退陣についても、総理は言及していたが、是が非でも幹事長には辞任していただきたいと考えます。ここで小沢幹事長の意向通り「菅」さんにお鉢が回れば近く「小菅(こすげ)」刑務所に直行することになるでしょう。

2010/06/02

自民党にとって有難い結末

 党内の圧倒的退陣要求に、さすが「宇宙人」の呼び声高い鳩山総理は、にべもなく小沢、輿石会談に対処したのでした。しかし民主党の不思議さは、所属議員の一方的非難に対し、閣僚の殆どは鳩山内閣存続を支持している点である。
 大臣たちは総理への「恩義」として、腹とは異なる言葉を発しているだろうか。
 本当に民主党は魑魅魍魎の方々によって構成されていると思えます。
 処で、民主党県連の牧野会長、先月、党本部からの選対費用が幹事長の一方的な感情によって停止され、大変お困りのご様子でした、その際「月末までに送金なければ、小沢幹事長に殴りこみをかける」とのきついご決意はその後どうしたのでしょうか。
 ほんと、「独裁者」の我儘には困ったものです、ご同情申し上げます。

2010/06/02

ページのトップへ

現在地:トップページ天野進吾のコラム