天野進吾の一期一会| 天野進吾のコラム(過去ログ)

天野進吾のコラム

2006年8月分

8月28日 悲しい「ミツトヨ」の不正輸出
 以前にも東芝機械の不正輸出事件が露見したことがありましたが、再び国際的にも信用されないイランなどの日陰の国々に手のこんだ策をもって輸出していたのである。
 ミツトヨも大企業に属する優秀な事業体、にも拘らず通産省の不許可を契機に「原爆」等に改ざんできる「三次元測定器」など第三国を通じて販売していた。
 これは明らかな国際的犯罪である。さらにわが国の国際間の信用問題にも関わる。国は厳罰をもって対処すべきと思う。

8月21日 朝鮮通信使について
来年は徳川家康が大御所として駿府に居城して以来、400年と言われ、これを契機に市行政は何やらイベントを企画しているようです。
処で家康は1616年4月に駿府城で逝去しましたが、これまで本市の春の祭り「大御所花見行列」に際しは、「10年余りの大御所時代」と家康の駿府在住期間を表現しておりました。これでは1607年に駿府に居を移したとするならば、駿府に在住すること8年余りと一挙に短縮されてしまうのですが、どうも、これまたイベントありきのご都合の歴史解析といわざるを得ません。
更に、このイベントの主な企画に朝鮮通信使の再現があります。
そこで私が心配するのは最近の韓国国内に醸成されつつある「反日」の動きを増長させることにはならないのか、些か憂慮するところです。
実は朝鮮通信使の発端が、秀吉の朝鮮征伐の再現を憂慮した朝鮮国王が好意的姿勢の家康に頭をたれて挨拶に来たのが始まり、爾来将軍の交代時に大挙しての『将軍参り」となったのであり、これが朝鮮通信使である。そこには友好というより「主従」の色彩が反映しているのであり、今日の韓国民の苛立ちも精神的には同じ土壌にあるのではないでしょうか。

8月19日 信頼できぬ隣国                                                               小泉総理の靖国神社の参拝は、中韓両国の「織り込み済み」の騒ぎの範囲にあって、所詮彼らはつけるべき難癖を探していたに過ぎないことを暴露したのであった。
しかし、昨今、隣国の日本への対応は『ガキの悪アガキ」のなにものでもない。
 自らの政治政策の瑕疵、欠陥を国民にばれないように国民の目を逸らすやり方もそろそろ卒業してもいいのではないだろうか。
 また近くでは、教科書問題が惹起されることだろう、日韓の首脳会談も暫くお休みもいいでしょう。ノムヒョンの後継大統領に期待します。

8月15日 今日は終戦記念日です。
 61回目の終戦記念日が参りました。しかし今年は小泉首相の動向が注目される特別の日となりました。
 そして誰もが予想したように、小泉総理は堂々と「公約」の一言をもって靖国神社を参拝しました。
或いは「蝋燭」のように身を焼きながらも最後の一瞬の炎のように自身の「心」を示したかったでしょう。
勿論、政治家としてその信念は理解できます、更に近年のひねくれ者「中国と韓国」の我儘(わがまま)には我慢出来ず、敢えて選択した行動だったかもしれません。
 しかし私にはそれでも「8月15日」を選ぶ根拠には疑問があります。例えば首相辞任の前日こそ、小泉総理の「心の日」であり、パホーマー小泉の真骨頂と言えたのではないでしょうか。

8月9日 首相の靖国参拝の是非
夕刊に「首相、8・15参拝の意向」の見出しで今月の15日、靖国神社を参拝する意向を示唆したと報じられております。その中で「公約」は常に実行されるべきと述べているのでありますが、私には払拭できない疑問があります。
 それは過日、A級戦犯との合祀に対する昭和天皇の意向が日経新聞に掲載され、大きな波紋が起きていましたが、その日の小泉首相の記者会見では「参拝は個人の問題」と一蹴していたのであります。
 この言葉通りなら「個人の問題」と軽く断言される行動によって或いは大きな政治的問題を惹起する可能性の参拝について今一度考えてみたら如何でしょう。九仞の功をいっきにかくような選択は私も望まないところです。
 昭和天皇の意向にも心してほしいと考えます。

8月5日 今頃になって?
 静岡新聞の朝刊に「沼津市も過徴収1億4400万円」の大見出しと共に冷凍倉庫の課税ミスが公表されておりました。
 私の7月12日のホームページで「不明の点お詫びします」と掲載いたしましたが、当時既に他の市町も、固定資産税の過誤納金要綱に基いて清算しているところである。
 今頃、沼津市が過徴収した金額を発表すとは、些かのんびりし過ぎてはおりませんか。

8月4日 本格的な夏になりました。
「霍乱」・・この字読めますか?
「鬼の霍乱」と言う言葉は生活の中にしばしば出てまいりますので、鬼の・・となれば「かくらん」かなと想像できるでしょう。
「霍乱」とは暑気あたりの病気、日射病を指します。
近年、“脱水”の危険性を警鐘して、出来る限り水分の補給を宣伝しておりますが、皆様もどうぞ自宅の水道をご使用ください。
                                スイカ

8月2日 ひと月過ぎたホームページの結果
 決意し、世話になって始めたホームページ、3日に一度の投稿ではありますが、ヨチヨチ歩きのパソコン操作、慎重にキイを打ちながらも、途中で電話に席をあけた瞬間、待ち構えていた家内が質すことなく、その椅子に腰掛け、ゲームに走る。「あっ」とおもった瞬間、苦労して打った原稿は霧散霧消、という悲劇が何回か繰りひろげられ、漸く最近は、「断り」を入れるようになりました。
しかし、妻が言うようにこの「ホームページ」を読んでいるのは、若しかしたら、結婚して石垣島に住む娘だけではないのかと疑う。「アクセスの解析」には数字はでますが、本当でしょうか。そこでお願いします、暇があったら感想などFAXして下さい。  054-246-7463です。お願いします。

現在地:トップページ天野進吾のコラム(過去ログ)2006年8月分