天野進吾の一期一会|あまのしんご公式サイト

お世話になりました。
この4月をもって、選挙あるいは政治とお別れです。
長い間、ありがとうございました。
これからは、一市井の人となって、ひとり呟いていきます。

最近、家内に引かれて渋々と、早朝から「ラジオ体操」に出かけています。
 会場は城北公園(静岡大学跡地)、毎朝50人以上の方々が三々五々、犬の散歩などを兼ねて集って来ます、本当にお元気です。
 勿論、私と同様に、「年を経し」の方々ばかりですが、自身の健康維持と愛犬の運動を兼ねて、几帳面に日課をこなしております。
 「ラジオ体操第一」を終了した時点で私は、独り公園内を散策、目につく花は「百日紅」、別称、「さるすべり」、この花が周辺を彩るとき、それは素晴らしい景観です。今が絶好の時期、是非、お出かけください。
 さて、この城北公園に今、納得しがたい計画が勃起し、この周辺の人々や公園愛護会の皆さんの行政への不満が愈々、高まっているのです。
 具体的にはこの欄での説明は遠慮しますが、毎年、決まって美しく彩る「藤棚」を撤去し、更に歩道を撤去して外資系の喫茶店を誘致するなど、正直言って、この地域の人々の怨嗟は半端ではありません。
 何もやらない、できない「静岡市政」に正直、細やかなフラストレーションを覚えます。

啞然とする市「歴史博物館」構想。
 愈々、駿府公園の角地、その昔、「葵文庫」のあった場所に、「歴史博物館」を建設すべく、工事は真只中、しかし、その構想な中で、唖然とする「目玉企画」が「徳川家康」と「今川義元」の立像を、箆棒(べらぼう)な製作費を以って発注していることに正直、私は愕然といたします。
 ご案内のように、「家康」や「義元」の像は既に国鉄静岡駅前に置かれ、殆どの通行人に目をやることなく、今日も寂しく鎮座致しております。
 二つの像の製作費は「億」に近いとのことです。

天野進吾のコラム(最新5件)

久し振りのコラムで恐縮です。

ご案内のように9月に入るや、自民党の総裁選が賑やかになり、最近の報道では「河野内閣」の誕生が喧(かまびす)しくなって参りました。
 私が「政治」に関心を抱いたのは高校時代、そして「自民党」に入党したのは大学3年、その当時、「古き時代の政治家」を代表するような、豪快無比というべき政治家に、「河野一郎」という前近代的な男がいました。
 大学は確か早稲田、正月恒例の箱根マラソンの常連ながら、自分の地元(将来の選挙区)だけしか走らないという「剛毅」な男で、今の「太郎さん」とは似ても似つかぬ「前時代」なタイプの政治家でしたが、その頃、私は大変なフアンでした。
 その河野一郎の孫にあたる「太郎」氏に愈々、宿願の「総理の椅子」が回ってくる様相です。大いに結構、頑張ってください。勿論、おじいさんの面影は全く払拭されていれば、私も「拍手」を以ってお迎えしたいと存じます。
 ただ、正直な気持ちを吐露すれば、以前、政調会長としてご講演をいただいた「岸田文雄」さんの論理的、しかも正面から「ことを進めようとする姿勢」に期待し、出来れば「岸田内閣」の後を「河野」さんであったならと我儘ながら期待しております。

2021/09/15

幹事長、さようなら

驚きました、昨日の今日、二階幹事長の降板が決まりました。
 勿論、彼のしたたかな根性は次に何を考えているか、判りませんが、不可思議な「1億円の選挙資金事件をはじめ、「品なき采配振り」を貫いて幹事長職を全う、愈々、四面楚歌となった今、今朝の新聞に「辞任」の2文字が・・・。
 でも、いいさ、県議から衆院議員と父親の跡をひた走り、願ってもない「政治家路線」をひた走った半世紀でしたね、一言、ご苦労様と言わせてもらいました。

2021/08/31

自民党の総裁選挙に細やかな期待。

 来月29日に総裁選挙日が決まりました。
 その選挙に前政調会長・岸田文雄さんが早々に「名乗り」をあげられましたが、嘗て氏の講演を聞いた私は諸手を挙げてこれを「歓迎」致します。
 衰退馨る今日の日本の政治に、活を入れ、氏の「鴻鵠の志」が、存分に反映できますよう静岡の片隅から、期待申し上げます。
 実はご案内の方もあろうと思いますが私には「総裁選の投票用紙」はありません。昨年の市長選挙に立候補した「廉」で自民党を除名され、お陰で「問答無用」の天下泰平人となりました。
 菅総理の政治感覚・思考能力など、短期間ながら国民は知ってしまいました。
 いつまでも二階氏の指図で「ウロウロ」する姿を見せないでください。
 ついでに二階氏も和歌山の田舎に帰っては、パンダ舎の番人がお似合いでしょうから如何でしょう。

2021/08/27

嘆かわしき哉、横浜市長選と菅総理の姿勢

 昨日、開票された横浜市長選挙は予想通り、与党の惨敗、7月の都議選の暗雲は晴れることなく、寧ろ惨憺たる結果を自民党に叩きつけました。
 率直に言って、立憲の山中候補の当選は自民党への市民の「鉄槌」とみるべきでしょう。
  否、菅総理への「嫌悪感」がコロナウイルスの拡大と連鎖し、「中山氏の当選」を導いたものと考えます。
 敢えて言えば、「そぐわない役職」に就いてしまった菅総理は、「時に利あらず」と諦め、引退の道を考えては如何でしょう。
 処で、当選した山中教授だが、疫病神の菅総理の「おかげ」であれば、この当選も必ずしも正鵠を得た選択とばかりは言えないでしょう。
 行政はそんなに甘く、楽しいものではありません。

2021/08/23

久し振りのコラムです。

 正直に云うと、最近の私の体調も芳しからず。特に忘れっぽくなった。将に老人性の特徴に戸惑いを感じております。
私もあと半年で80歳、「傘寿」を迎えますが、その傘寿に相応しく外は連日の雨天続きです。特段の仕事のない私は困りませんが、現役の皆様には計画の立案や遂行などお困りの事でしょう。
 健康に留意し、残り僅かになりました夏休みを大切にお過ごしください。

2021/08/20

天野進吾のコラムをもっと読む