天野進吾の一期一会|あまのしんご公式サイト

お世話になりました。
この4月をもって、選挙あるいは政治とお別れです。
長い間、ありがとうございました。
これからは、一市井の人となって、ひとり呟いていきます。

天野進吾のコラム(最新5件)

「静大学長に日詰氏」の報道に安堵。

 昨日の「静大学長」選挙において、私が期待していた「日詰氏」が当選した報道に、ホット一段落したところです。
 勿論、この選挙は恒例の「学長選考」とは異なり、静岡市の浮沈にかかる極めて重要な案件を包含している選挙でした。
 そうした意味では、当面する「難問」を潜り逃げたといえるのでした。
 それにしても浜松市民の「権謀術数」には愈々、ご注意あれと申し上げます。
 振り返れば、凡そ半世紀前、静岡県の大きな政治課題として、「医科大学」問題が惹起されました。
「医大誘致」は静岡か浜松か、連日、新聞の三面には政界、財界などの動きを隈なく報道し、県政の一大課題となったのでありました。
 処が或る日、浜松市長は前触れなく、浜松の政財界を伴って、新潟の「田中角栄邸」に向かったのでした。しかも政財界揃っての『田中詣』でした。
 この奇策が功を奏し、医科大学は浜松に決定、「浜松医科大学」が誕生のでした。
 今回は浜松の奇策は成功しませんでしたが、『お人よし』の静岡の皆さん!「静岡大学」にかかる怪しき方途にこれからも気を使って下さい。何と云っても、策士「浜松」にはご注意あれ!・・・・
 

2020/10/21

「富士山を遊覧飛行」、静岡新聞に面白い提案が。

 コロナ騒ぎで県内の学校が修学旅行の実施に困惑しているという。
 そうした中にあって、一昨日の静岡新聞には、修学旅行の代替案として「富士山を遊覧飛行する案」が急浮上していると掲載されております。誠に結構な話ではありませんか。
 因みに「FDA」のチャーター機は一回に80人が搭乗できるという。
 そう云えば、5年前から富士山周辺の「元旦フライト」という企画が実施されており、今日の減便による余剰の「乗員と機材」を大いに活用できる面白い発想と考えます。それは同時に子供たちにとっても素晴らしい思い出になる「旅行」でしょう。
「富士山を眼下に見据えた修学旅行」を是非、実行してほしいものと考えます。

2020/10/10

「 日本学術会議」の人事問題について一言。

 今朝の新聞に、「日本学術会議」の人事問題について、案の定、立憲民主党の枝野代表がこの「つまらない政治課題」に食いついておりました。
 正直言って、枝野氏も野党党首ゆえに、仕方なく「食いついた」案件と考えます。
 なぜなら、枝野氏が指摘するこの人事問題は凡そ40年前に、政府答弁で「これは形だけのもの故に、推薦されたならこれを拒否を致しません」と極めて「無味乾燥」な答弁をしていることからも、更には長い間「日本学術会議」がこれまで一切の問題も提起することなく、大過なく存在してきたことからも、野党議員の皆さんも、その存在意義に、疑問も更には価値も抱かなかった証拠であり、何を今更、ただ「否決された先生方」への顔向けのお義理の「クレーム」と私は感じた処です。

2020/10/07

県都・静岡は将に衰退の一途、どうする行政?。

 「静岡マルイ、3月に閉店」と、この3日の靜岡新聞に大きく掲載されております。
 正直言って、マルイが早々に撤退するとは考えてもいませんでした。寧ろ、伊勢丹、松坂屋が匙を投げるのが先かと考えておりましたので、愕然としました。
 でも、本当に憂うるべきは、嘗ての「行政の街、商業の街」のイメージは年々、希薄し、県内の各都市は熱心に自助努力を続け、本市周辺でも島田や富士など目に見える街づくりに挑戦、更に目を転ずれば、浜松・沼津・三島など自身の守備範囲の中で極めて挑戦的行政が展開されております。その結果、必然的に「買い物は静岡で」の観念が希薄化しその前兆現象が「マルイ」の閉店になったものと考えます。
 恐らく、本市の行政の戸惑いはこれを契機に愈々、「怒涛化」することを恐れます。

2020/10/04

「リニア開業後を見据えて」研究会?

 静岡市は近く、「リニア開通後の街づくり研究会」を発足するという。
 将に川勝県政への幼児的反抗の最たる発想というべきでしょう。「病膏肓に入る」とはこのこと、情けなる思いです。
 恐らく、選任される「8人の委員」も困惑する処でしょう。
 それ以上に本市が県庁所在地であり、県の中核をなす街であることを放擲してしまったと他都市から思われるでしょう。
 正直云って、「市リニア中央新幹線開業後のまちづくり研究会」との大言壮語に殆どの市民は呆れかえっていることでしょう。
 そんな心配より「数兆円」にもなるであろう「リニア建設費」、恐らくJR東海がその建設費を「利用料金」で賄うことになるであろうが、をその場合、「東海道線」利用者にその膨大な費用負担に繋がらなければ・・・、と年寄りは按じております。
 更に云えば、敢えて「川勝知事」の心胆に触れることもなかろうにとかんがえます。
 市長職は個人の好き嫌いを「超越した職責」であることを第一に。

2020/09/30

天野進吾のコラムをもっと読む