天野進吾の一期一会|あまのしんご公式サイト

お世話になりました。
この4月をもって、選挙あるいは政治とお別れです。
長い間、ありがとうございました。
これからは、一市井の人となって、ひとり呟いていきます。

天野進吾のコラム(最新5件)

エッ!! 「中国に祝意」

 驚きました。二階、枝野両氏の政治感覚、「中国に祝意」を!!
勿論、〝祝意"とは中国共産党創連100年を指しますが、近年の習近平総書記の独裁統制が構築され、愈々独眼竜の〝中華"思想を強行するに及んで、私達日本人もまた危惧感を覚えるのであります。
 殊にイスラム教徒の少数民族やウイグル民族など少数民族に対する醜い弾圧と悲惨な人々の姿は習総書記の記念演説とはまさに裏腹、新疆・ウイグル自治区には四六時中カメラが設置され、更には私服警官が角ごとに蔓延り、それは将に血も涙もない独裁者習主席の人間性そのものでありましょう。
 そんな時思い出すのは、かつて石川喜延県知事が県議会の一般質問に答える過程でその日の新聞の一面に登場した習金平主席を高く評価した石川県知事の満足気の言葉は今でも忘れておりません。
 実は静岡県は山本敬三郎県知事の時代に浙江省と友好提携を結んでおり、その省長だった習知事と石川知事は肝胆相照らす間柄との事でありました。
 今では遥か昔の出来事ですが私の脳裏に蘇ってくるのでありました。

2021/07/05

立ち止まって考えよう「リニア中央新幹線の必要性」

先週の静岡新聞に山本義隆著、「リニア新幹線をめぐって」が掲載されておりました。
 この本が指摘する様に、国民の期待が極めて希薄な中央新幹線が夢想もしない膨大な費用を必要とする、このプロジェクトに、「祭り好き」の為政者の鉦や太鼓に踊らされ、出発進行した「リニア」構想はここにきて、更に厳しくブレーキがかけられた。
 過日の県知事選挙の結果を見れば明快でしょう。
 更に本日のニュースである「熱海の大災害」も私達への警鐘と胆に銘ずべきと思った次第です。

2021/07/05

「県立こども病院」に「付き添い家族」のための宿泊施設

昨日の静岡新聞の夕刊のトップに子供病院に患者家族のための「家」が開設されると掲載されておりました。
 通称「ドナルド・マクドナルド・ハウス」については県議時代、関西方面の施設を視察、「是非、漆山地域」にほしいものだと県政の課題として脳裡に刻んだものの今日まで心密かに溜め込んでまいりましたが、突然の新聞記事に私は膝を打った次第です。
一日も早く、そして素晴らしい施設が誕生することを首を長くして待っております。

2021/06/28

「IR」汚職事件への疑問

今日に入って「IR」に関する収賄事件が再びクローズアップされ、一方の被告の衆議院議員、秋元 司の被告人質問が東京地裁で始まりました。処で私はこの事件について、当初から納得し難い疑問が脳裏に刻まれておりました。即ち、賄賂側の中国企業「500ドットコム」の実像が全く見えてこない。更に新聞にも今なお一切闇の中。
更に登場する中国企業の関係者の殆どは怪しげな日本人だけ、他愛無い話、「日本のカジノ(IR)」をぶっ潰すための「罠」としか思えません。
「500ドットコム」は日本にカジノを作らせたくない中国側、特にマカオ資本の暴挙と私は考えます。

2021/06/10

久しくご無沙汰しておりました。パソコンを替えて、今一度・・・。

 正直言ってそれまでのコラムの掲載は初心者ゆえに、大変苦労し、時には掲載文を抹消したことも少なからずでしたが、この度、わが社の若者のご指導をいただき、さらには社長室に備えられた専用のパソコンを目的外に使用することに致しました。
 殊に、ここには「パソコン操作」に慣れた若者が常時控えており、しかも、わからないことは懇切丁寧に教授してくれる人材が何人もおられます。
 それゆえに、これからは苦労して文章を完成しながら、結局、掲載できず、諦めた経験と嘆きも、本日をもって解消することになりました。
 どうぞ、お暇の方は、これからもこのページにお付き合いください。
 閑話休題(それはさておき)、長い間、失礼しました。

2021/05/24

天野進吾のコラムをもっと読む