天野進吾の一期一会|あまのしんご静岡県議会議員公式サイト

古希を経過しても尚、意気揚々・・・

地方政治に携って50年、自らの信念に固執しながらも「大道」を歩んでおります。
昭和40年代の初め、徒手空拳の若者が情熱だけで政治の世界に挑戦したこの半世紀の歴史に、未だ「終り」はありません。年々、人口は減少し、都市としての潜在活力が失われていく時代背景の中で、数年前から提唱し続けてきた「日本平のカジノ構想」は、まさに本市が蘇(よみがえ)る「ラストチャンス」と位置付け、中傷に戸惑うこともなく活動しております。今暫く「この老兵」も消え去ることはありません。

天野進吾はどういう政治家なのか?

天野進吾

昭和44年の初め、たった一人でアメリカを訪問。昭和62年、45歳で静岡市長選に。誰もが「無謀な戦い」と制止する言葉を振りはらい、私は確信を以って駒を進めたのでありました。

詳細は天野進吾という男のページへ

天野進吾の天野進吾的ココロ

進吾スコープ

天野進吾が視る。語る。今日のできごと。まつりごと。

詳細は進吾スコープのページへ

天野進吾のコラム(最新5件)

韓国メディアも怒る「中国政府」

 オリンピックの対応でもコテンパンになっている韓国政府にとって、先の文大統領の訪中は冷遇を越えた屈辱的なものでした。
 その具体的対応は各紙に見るまでもなく、中国の「傲慢・暴力的本姓」が如実に示され、将に韓国は「同等の相手国」とは見なされず、韓国の面子、自尊心はコテンパンに傷つけられたのでした。
 それでも、韓国政府は「韓中関係の正常化と協力の土台を固めることができ、充実した成果を得ることができた」と論評しているのでした。誠に残念な論評で韓国民は怒らないでしょうか。
 もとより文在寅大統領が目論む二匹目の泥鰌、そう「第二の金大中」では「韓国の蘇生」はあり得ないと思いますが・・・。
 処が、韓国政府はこれによって両国の関係の正常化と協力の土台が固められ非常に充実した成果を得たと公表しているのでした。「あー情けない」わが朋友(ポンユー)よ。

2018/01/22

「どえらい」大阪の景色

 二日間、大阪・京都の福祉施設を中心に勉強してきました。
 率直に言って視察対象の各施設は、もとより選ばれた施設ゆえに、そのものです。関係者の並みではない努力の跡を見てまいりました。
 大阪、京都の2日間、遂に一か所も名所旧跡にバスが止まることはありませんでした。
 夕食後、三々五々、夜の京阪をぶらついた方もおりましたが、繁華街に溢れる外国人の多さに「尻尾」を巻いて殆どの皆さんは早々に帰還しました。
 ところで、大阪の夜は本当に日本の風景でしょうか。矢鱈、外語人、殊に中国人の多さに圧倒され、そして彼らの不作法には憤りすら感じてまいりました。

2018/01/20

「平昌五輪」よ、何処に行く。

 愈々、あの「金大中大統領になってきました。
 何といっても文在寅大統領はその昔、「金」(かね)で南北朝鮮の親交を世界にアピール、その結果、ノーべル賞を受賞した「金大中氏の存在」が脳裡から消えないのでしょう。
 ここに至ってアイスホッケー女子の合同チームの結成、「統一旗」を掲げての合同入場など文大統領の提案で、北朝鮮へのすり寄る姿が鮮明になってきました。
 将に金大中氏の「二の舞」である。
 世界は核実験など北朝鮮の相次ぐ挑発に怒り心頭、殊に「馬息嶺スキー場などを活用し、前夜祭をやれば」世界が注視すると独り意気込んでいるのでした。
 大統領のこの「テンプラマジック」の反応については今のところ報道されていませんが文在寅大統領は「恐ろしく無鉄砲」な政治感覚をもつ政治家と呆れるばかりです。

2018/01/19

今日が阪神淡路大震災から23年

 ラスベガスの24時、同室の石川君が自身の静岡事務所に電話、聞けば日本は朝8時とのこと、電話に出た事務員から「今朝、関西で大きな地震があって、死者も出たらしい」と報告があり、私たちはそのままベッドに、処が3時過ぎ、その石川良二君、「トイレに行ったものの水が出ない」と私を起こす。仕方なくフロントを呼び出し修理を依頼、その間に再度、彼は事務所に電話(本来彼は電話好き)、そして云うには「どえらい地震で多くの方が亡くなている」という。更にその後はヘリによる実況中継などあらゆる番組で放映されていた。
 その阪神大震災の模様は私の脳裡に今でも鮮明に残るが、二人だけで旅した「石川良二」君は既にこの世にはおられません。
 それ故、この震災の日を迎えるたびに私は「石川良二」君を思い出します。
 さて今日から2泊3日で議会視察に参ります。このページ、一寸のお休みをいただきます。

2018/01/17

「安倍総理」の訪韓に反対する。

 凡そ考えられない韓国の身勝手な政治姿勢に、何時までも「一衣帯水」という「友好的発想」でのお付き合いは止めにしては如何でしょう。
 殊に慰安婦を巡る日韓合意では、理由なき追加要求など誠に小児的かつ我田引水の発想による主張に対しこれ以上の論議など全く無用と思うところです。
 勿論、北朝鮮の核・ミサイル問題が深刻化する最中、関係悪化は避けたいところだが、平昌オリンピックへの総理の出席はお辞め戴きたいと存じます。

 

2018/01/15

天野進吾のコラムをもっと読む