天野進吾の一期一会|あまのしんご静岡県議会議員公式サイト

古希を経過しても尚、意気揚々・・・

地方政治に携って40年、自らの信念に固執しながらも「大道」を歩んでおります。
昭和40年代の初め、徒手空拳の若者が、情熱だけで政治の世界に挑戦したこの半世紀の歴史に、未だ「終り」はありません。年々、人口は減少し、都市としての潜在活力が失われていく時代背景の中で、数年前から提唱し続けてきた「日本平のカジノ構想」は、まさに本市が蘇(よみがえ)る「ラストチャンス」と位置付け、中傷に戸惑うこともなく活動しております。今暫く「この老兵」も消え去ることはありません。

天野進吾はどういう政治家なのか?

天野進吾

昭和44年の初め、たった一人でアメリカを訪問。昭和62年、45歳で静岡市長選に。誰もが「無謀な戦い」と制止する言葉を振りはらい、私は確信を以って駒を進めたのでありました。

詳細は天野進吾という男のページへ

天野進吾の天野進吾的ココロ

進吾スコープ

天野進吾が視る。語る。今日のできごと。まつりごと。

詳細は進吾スコープのページへ

天野進吾のコラム(最新5件)

まさかの立候補声明・小池百合子氏

何よりも機先を制する事、これこそが、戦いの鉄則なり。そこで、役人・桜井氏の足元を見て、今こそ機先をと昨日、小池百合子代議士が突然の「出馬会見」となった。
 もとより小池氏のあのような「個性」であれば、安倍総理には余り「覚え」が良くない。否、安倍総理でなくても「小生意気(こなまいき)」に写る昨今の彼女には、多くの男性は好感を抱かないでしょう。
 そんな彼女が万が一、都知事にでもなれば「政治資金」から「後援会会計」までコテンパンに暴露され、「週刊文春」はじめ、いい加減な報道機関に勿怪(もっけ)の材料とされコテンパンに叩かれるのが落ちでしょう。
 ここは安倍総理の登場を願って固辞する「官僚」の桜井氏にご出馬頂くのが、最も賢明な策と存じます。
 一方、民主党については、江田憲司氏はじめ「どんぐりの背比べ」の皆さんは誰も「私が」などと決断するものはいません。恐らくこれからも「我こそは」と云って名乗りを上げる方はいないのでは・・・。

2016/06/30

驚きでした、川勝知事の「憲法改正」論。

昨日の朝、この欄で特段のコラムの材料もないままに、参院選挙の渦中であればと思い、「憲法」問題を取り上げ、持論を申し上げ掲載しました。
 この日、県議会本会議では公明党・前林議員の代表質問が行われましたが、その答弁にたった川勝知事の言葉は議員諸氏を覚醒させる驚くべき言葉が、披露されたのでした。
 知事の答弁を要約すれば、「憲法改正は議論している暇(いとま)なく、速やかに改正すべきである」とトータル的に答弁したのでした。
 これには、居並ぶ自民党議員も驚きの表情を露に、隣人とひそひそ話し、そういえば、この処の知事答弁の中に屡々、例の五箇条の誓文である「一、広ク会議ヲ起コシ、万機公論二決スベシ。一、上下心ヲ一二シテ、・・・」の言葉が披露される昨今でした。
 その知事の言葉を聞きながら、或は私達より遥かに「右」に立っているのではないか、と思った処でした。
 処で、同じ場面で聞いていた民進党に近い「ふじのくに県民クラブ」の諸氏はさぞ驚いたことでしょう。また、どの様に解釈するのでしょう。

2016/06/29

憲法改正の一考察

コラムのタイトルに驚かないで下さい。今朝の新聞を見ても、コラムの材料が見当たりませんので、時に標題だけで、驚かそうと「憲法」問題を取り上げました。
 参院選の主要な論点は「遠くはない憲法改正論議」でしょうが、意外に浮上してきてはおりません。野党の方も、憲法論議が直接、投票行動と結びつかないとの判断から、目立った論議もありません。
 処で、憲法改正について、現行憲法は96条で、「各議院の総議員の3分の2以上の賛成」で国会が発議し、国民投票で過半数の賛成が必要とありますが、国民投票を実行するなら、「総議員の過半数」で良いのではないでしょうか。
 「憲法改正」にこんなに高いハードルを掲げている国は日本だけです。しかも、その論議に何故か「センチメンタリズム」が同行する変な国柄ですが、諸外国と同様、衆参国会議員の過半数で国民に提案して承認を求めればいいと私は考えます。

2016/06/28

鳩山元首相、アジアインフラ銀行の諮問委員へ。

一体、この方の国籍は何処でしょう。世間からは宇宙人と揶揄(やゆ)されておりますが、将に国籍不明の人物、にも拘らず、確かなことは「日本国の首相」だった人物です。その人物が今では「民進党」からも疎まわれ、報道機関からも信用されず、遂には「日本を蹂躙しようと策す」中国に、媚(こび)諂(へつら)い、その結果、日本が無視するアジアインフラ投資銀行の金総裁から「国際諮問委員会」の委員就任を要請されたと喜ぶのでした。 
 勿論、願ってもない「宇宙人」であれば、「日本の不参加に対し世界が持っている不安感を払拭したい」と表明、お蔭で何処からも「邪見」にされていた元総理も、久し振りに活字となってその存在感を見せたところです。
 心配は唯一つ、「非国民」と非難されない「姿勢と態度」を見せてて欲しいと考えます。

2016/06/27

今朝がたの暴風雨は何だったのか。

4時前後の土砂降りの雨には驚かされました。とは言っても眠り続けましたが、本当に驚きました。昨日の「英の欧州連合離脱」の嵐がそのまま、東海地方を襲ったのではないかと心配しました。
 参議院選挙ものんびりしてはいられません、その昔、自民党の圧勝を全ての報道機関が予測し、紙面を飾ったところ、開けてびっくり正反対の結果を見せた事がありました。
 投票前には「残留支持」が有利と報道されている中で、蒙昧な人々が「面白くさせる」との悪戯(いたずら)心で投じた1票が、欧州はもとより、世界経済に激震を起こさせたのでした。
 勿論、これによって、日本経済に多大な足枷(あしかせ)は勿論、世界経済に「秩序の崩壊と壊滅」を齎す処となるかもしれません。
 何とか、今朝の嵐のように一時の「心配」に終わります様期待します。

2016/06/25

天野進吾のコラムをもっと読む