天野進吾の一期一会|あまのしんご静岡県議会議員公式サイト

古希を経過しても尚、意気揚々・・・

地方政治に携って40年、自らの信念に固執しながらも「大道」を歩んでおります。
昭和40年代の初め、徒手空拳の若者が、情熱だけで政治の世界に挑戦したこの半世紀の歴史に、未だ「終り」はありません。年々、人口は減少し、都市としての潜在活力が失われていく時代背景の中で、数年前から提唱し続けてきた「日本平のカジノ構想」は、まさに本市が蘇(よみがえ)る「ラストチャンス」と位置付け、中傷に戸惑うこともなく活動しております。今暫く「この老兵」も消え去ることはありません。

天野進吾はどういう政治家なのか?

天野進吾

昭和44年の初め、たった一人でアメリカを訪問。昭和62年、45歳で静岡市長選に。誰もが「無謀な戦い」と制止する言葉を振りはらい、私は確信を以って駒を進めたのでありました。

詳細は天野進吾という男のページへ

天野進吾の天野進吾的ココロ

進吾スコープ

天野進吾が視る。語る。今日のできごと。まつりごと。

詳細は進吾スコープのページへ

天野進吾のコラム(最新5件)

今年の流行語「忖度」に決まり。

「忖度」の漢字が新聞に躍っていますが、これを「そんたく」と読めた日本人は果たして何%いたのでしょう。
 爾来、私の周辺でも面白半分に、色々な場面で「忖度」の言葉が聞こえてきますが、正直それまでは殆どの日本人には耳慣れない言葉の一つだったと思います。
 実際、県議会の一般質問などで、屡々、諺(ことわざ)や理解し難い熟語ご飛び出してきます。この「忖度」なる単語もその代表的な言葉の一つでしょう。
 そんな事もあって、私の周辺ではその場の雰囲気も「忖度」せずに、面白がって使用する輩がいます。
 言葉の選択はその相手、その時の状況など充分に「そんたく」しながら会話しましょう。
 話しの相手が、若し「忖度」の言葉を始め、難解な漢字を使用した際、相手が理解出来なった場合には大変失礼になりますので、充分ご配慮戴いた上でご使用ください。

2017/03/28

ヤッパリ投票率は最悪だった。

昨日行われた静岡市議会選挙、連呼する宣伝カーの声の割には「反応がない」と嘆いていた各陣営の「嘆き節」は、見事に当たって、葵区では40・58%、駿河区に至っては37・96%という夢想だにしなかった低投票率を記録したのでした。
 私自身、東中学校の投票所に向かう道すがら、投票場に行くだろうと思われる人々の数に心配になりました。それはこれまでに感じた事のない風景でした。
 18歳まで引き下げた選挙権の効果は全くありませんでした。
 昔は市議選が最も身近な選挙という事で、恰もお祭りの雰囲気でしたが、昨今では、「選挙は他人事」としてただ横目で眺めるだけ、それ故にでしょう、終始、他人事の雰囲気の中で投票日を迎えた結果でした。

2017/03/27

あれが「横綱」のやることか。

横綱・「鶴竜」はやっぱり日本人ではなかった。
 日本の関取なら立ち合い前から「騙す」行為はしなかっただろう。
 この日の照ノ富士、制限時間いっぱいの「立ち合い」で計画通り突っかけた、まさかこれも「作戦」とは私も思わなかった。
 この行為は稀勢の里に真正面から来るものと予想させた上で、次の瞬間では、右に大きく変化し勝負はあっけなく終わった。
 処で、近年は「けたぐり」など殆ど見られないが、危険な技として「禁じ手」にされているのでしょうか。
 私達が若い頃の大相撲では「けたぐり」など一瞬のうちに勝負のつく危険な取り口が数々ありました。
 それはさておき、昨日の照乃富士の「狡さ」にはガッカリしました。「やっぱり日本人じゃーない」の声が聞こえてきます。

2017/03/26

 以外に静かな静岡市議選挙。

愈々、市議選も本日が最終日、明日が投票日となりました。  
 にも拘らず、静かな選挙戦の動きは相変わらずです。連呼しながら北街道を通る宣伝カーも少ない様に思われます。或はその昔、政令市でなかった時代には現状の倍の車が連呼しながら東奔西走していた時代が脳裡にあるからでしょうか。
 それにしても、少数激戦の構図はこんな処に見えてくるのでしょうか。
 今年の選挙戦、一言で云えば「現職強し」の空気だと云われておりますが、油断は大敵、最後までご健闘を祈ります。

2017/03/25

「森友問題」に野党は失地回復を頼みとするか。

処で、籠池氏の挙動に些か困惑したのか、野党はそれまでの鼻息を潜め、「長期戦」の構えを取った様です。
 率直に云って、籠池関係者(家族)は総じて「嘘、八百」、聞きただした野党議員もその後、発言内容の矛盾などで信じられなくなってしまったのではないでしょうか。
 今日、喚問が行われますが、所詮、確信的答えは求められないでしょう。
 その結果、なぜこうなったかは最後まで不鮮明のままでしょうが、野党の総合的見解でも「真偽が判断できないまま」の喚問であって、徒労に終わる事でしょう。
 何故か、「莫迦莫迦しい」意義なき「喚問」に終わると私は思います。

2017/03/23

天野進吾のコラムをもっと読む