天野進吾の一期一会|あまのしんご静岡県議会議員公式サイト

古希を経過しても尚、意気揚々・・・

地方政治に携って40年、自らの信念に固執しながらも「大道」を歩んでおります。
昭和40年代の初め、徒手空拳の若者が、情熱だけで政治の世界に挑戦したこの半世紀の歴史に、未だ「終り」はありません。年々、人口は減少し、都市としての潜在活力が失われていく時代背景の中で、数年前から提唱し続けてきた「日本平のカジノ構想」は、まさに本市が蘇(よみがえ)る「ラストチャンス」と位置付け、中傷に戸惑うこともなく活動しております。今暫く「この老兵」も消え去ることはありません。

天野進吾はどういう政治家なのか?

天野進吾

昭和44年の初め、たった一人でアメリカを訪問。昭和62年、45歳で静岡市長選に。誰もが「無謀な戦い」と制止する言葉を振りはらい、私は確信を以って駒を進めたのでありました。

詳細は天野進吾という男のページへ

天野進吾の天野進吾的ココロ

進吾スコープ

天野進吾が視る。語る。今日のできごと。まつりごと。

詳細は進吾スコープのページへ

天野進吾のコラム(最新5件)

驚きの「大見出し」

『東海予知「できない」を明記』と今朝の静岡新聞の一面に掲載、更には大震法も「見直し」と掲載されております。
 新聞の中身をつぶさに見れば、「現行の東海地震対策が前提としてきた直前予知の可能性が事実上、初めて公的に否定されたとあり、調査部会の座長は地震予知は難しいと言い切り、余地ができる、できないという国民に役立たない議論を脱したことは大きい」と語る。更に新聞は「直前予知」については明確にこれを否定しているである。
 41年前、「駿河湾地震説」を発表、爾来本県は2兆円もの地震対策予算を以て、「その時の為に」予算を費やしてきたのでした。そして更にこの石橋説を皮切りに日本の全土は「地震学者」と云われる学者の「掌」の中で弄(もてあそ)ばれてきたと云えるでしょう。
 そう、以前、街中にいたあの「手相見」のお告げと同様、これを信じ、国民も行政も、とことん、弄(もてあそ)ばれてきたのでした。

2017/07/22

どうするの、中国の「鬼城」

2017/07/21

加計学園問題は「日本獣医師政治連盟」が元凶では。Part.2

 加計学園の獣医学部の件で参考人として登壇していた加戸守行愛媛県知事の誠意ある発言については翌日の新聞紙面では全く無視されていました。
 「積極的に獣医学部の誘致を進めてきたのは、四国に「学部」がないからであり、実に15回に亘り特区の申請をしたが認められなかった。」がこの事件の元凶であったとしか思えません。
 「これに安倍内閣は国家戦略特区という強力なドリルで穴をあけて頂いた、歪められていた行政が正されたというのが本当でしょう」
 今朝の新聞では山本担当相が認定2カ月前に「日本獣医師会」に説明したことを以て「加計学園ありき」とこれを問題化している始末、恐らく山本大臣は発表直前、仮にも「日本獣医師会」のメンツを重んじ、その方向について説明に出向いたものだろう。
 こんなことが大手を振って一般化したなら、齎される弊害はとんでもないことになるでしょう。
 政府機関であれ、煮詰まった方向を一切提示しななければ、生きた行政は生まれないでしょう。

2017/07/20

「故意ではないが、深く反省している」蓮舫氏の姿勢ですか?

 昨日に続いて「蓮舫氏」を糾弾させていただきます。
 昨日(きのう)の今日で恐縮ですがまさか昨日、弁明の記者会見が行われることを知らずにコラムに記載しましたので、蓮舫氏の「二重国籍問題」について二日続きで恐縮です。
 さて、厚顔無恥の代表であれば、例えば「二人の子供が成人するのを待って「本人たちの理解を得た上で公開したかった」と引き延ばしの理由を堂々と述べ、自分勝手な理由をくっつけてその場を誤魔化したのでした。
 自身の出生や「台湾籍」であることを子供たちは幼いころから知っていたはずにも拘らず、遅くなったのは子供たちへの気配りというが、記者会見の最中の「横柄」な態度は、子供たちに対しても、否、ご主人に対しても、極めて人間味の無い発言だったと思います。
 屁理屈と誤魔化しの「二重国籍」問題についての弁明は恐らく誰もが想定した記者会見ではなかったのではないでしょうか。
 総じていつまで「民進党」は彼女をf代表」に据え置くつもりでしょうか?・・・。

2017/07/19

朝日新聞の偏向に驚く。

 13日の朝日新聞に「民進党は勘違いしていませんか」との社説で、蓮舫氏の戸籍謄本の公開を求めた民進党の対応について、「プライバシーである戸籍を公開すれば、例えば外国戸籍の親を持つ人々らにとって、悪しき前例となる」との極端な意見を披露したのでした。
 社説となればそれなりの役職者の意見であり、朝日新聞の「心」と解釈するでしょう。
 ご案内のように、蓮舫氏はかつては「生まれた時から日本人」と云っていたが問題になってからの後は「日本国籍の取得は17歳」と変わり、さらにその後「台湾籍は抜いている」の言も、確認したら残っていたとそのたびに説明は変遷してきたのでした。
 更に昨年10月には「台湾籍」を除籍したというが、それを証明する公的書類はいまだ公表していないのでであります。
 そのことを追求できない民進党の「生ぬるさ」、さらにそれを上回る朝日新聞のボケにも驚きます。
 戸籍を公開したくない人間は少なくないでしょう、しかし彼女は日本の野党・第一党の党首であれば社会的責任は一般国民と同枠には論議されるものではありません。
 含めて、まさに「病膏肓(やまいこうこう)に入った朝日新聞と言わざるを得ません。

2017/07/18

天野進吾のコラムをもっと読む